かたおかせんせい

貴族の別荘地?「頭塔」

おはようございます。

成田足 公津の杜 片岡書道教室です。

昨日に続き、「土塔」(頭塔)のお話。

舎利塔として作られたこの「土塔」(頭塔)は、とても見晴らしの良い場所でした。

西の空には沈みゆく太陽、

 

そして東の空には月が昇っていました。

日没までずっとここで夕日を眺めていたい。そう思ったほどでした。

それもそのはず。

観光ガイドさんの話によると、奈良時代の貴族の別荘がこの辺に点在していたとのこと。

奈良の街を一望できるこの場所ですものね。

コロナが落ち着いたらまた行ってみたいな。

 

 

 

 

 

-かたおかせんせい

Copyright© 片岡書道教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.