JA書写コンクール・書き初め 特別稽古 稽古風景

半紙を早く乾かしたいときに役立つもの

おはようございます。

成田市 公津の杜 片岡書道教室です。

↑↑↑社中展出品のための特別稽古風景です。

事前になぞり半紙をリクエストされれば別ですが、お稽古中になぞり半紙を依頼される場合もあります。

そうすると、墨が乾くまで時間を要するんですよね~。

そんな時便利なのが、床暖房なのです。

4月も終わろうとしていますから、秋まで暖房を入れることはないでしょうが、↑画の日は床暖房のスイッチを入れた日でした。

「せんせ~、『ふ』を〇枚書いて~!その次は、『せ』を書いて、それから・・・」と永遠となぞり半紙を希望された特別稽古日でした~。

床いっぱいにどんどん濡れた半紙が広がっていきます。

乾くまでなぞりはお預け。

自分で計画を立てて、私に細かくリクエストをしてくるYちゃんでした~(^^)/

そうそう、先日も自習に来てたくさんのなぞり半紙のリクエストを受けましてね、乾かしていたら持って帰るのを忘れしまって~。。

でも心配無用~、その翌日も自習練習参加の連絡を受けておりまして困ることはなかったです。

目標高く持って突き進むと、その先にどんな未来が待っているんでしょうね~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

-JA書写コンクール・書き初め 特別稽古, 稽古風景

Copyright© 片岡書道教室 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.